長崎県の総合楽器店

長崎シニア吹奏楽団 規約

  • HOME »
  • 長崎シニア吹奏楽団 規約

長崎シニア吹奏楽団規約

第1条(名称)
当楽団は「長崎シニア吹奏楽団」と称する。以下「当楽団」という。
第2条(目的)
音楽を通じて団員の親睦を図るとともに、音を共に楽しむシニアバンドとして、訪問
演奏や演奏会を通じ、地域支援を図ることを目的とする。
第3条(構成)
当楽団は、原則として社会人であり、第2条に賛同する者で構成される。
第4条(入団)
入団希望者は書面(所定用紙)を以て申し込むものとし、団長の承認を得なければな
らない。また、当団指定のポロシャツ等を購入するものとする。
第5条(団費)
<1> 団費は年2回、4月・10月に半期分6,000円を会計へ納めるものとする。
<2> 納入された団費は当楽団のため、正当に管理される。なお、納入された団費は
団員のいかなる場合が生じても返納することはない。
<3> 団費の他に必要に応じて臨時徴収を行う場合がある。
<4> 入団が決まった場合、その月から残り半期分を会計へ納めるものとする。
<5> 6ヶ月未満の休団期間の団費は、正規団費(半期分6,000円)とする。
第6条(休団)
6ヶ月以上の休団を希望する者は、その旨書面(所定用紙)を以て、1ヵ月前までに団
長へ申請すること。なお、3月、9月に6ヶ月以上の休団の申請が受理された場合のみ
、半期ごと団費を免除とする。また、休団は最長1年とし、それ以降は再度申請をしな
ければならない。
第7条(退団)
<1> 退団を希望する者は、その旨書面(所定用紙)を以て、1ヵ月前までに団長
に申請しなければならない。
<2> 退団時に滞納団費等がある場合は支払うこと。

第8条(除名)
当楽団の趣旨に添わない団員(当楽団の信用を著しく失わせる行為や不利益な行為を
したり、当楽団の規約に違反したりした者)は、役員が適当な処置を講ずることがで
きる。
第9条(組織)
<1> 当楽団に下記の役員を置く。なお、役員は必要に応じて組織の増減を行う
ことができる。

1 団 長         1名
2 副団長         2名
3 楽 長         1名
<2> 当楽団に下記のリーダーを置く。
1 チューニングリーダー 1名
2 パートリーダー     7名
<3>当楽団に下記の係を置く。
1 ボランティアマネージャー1名
2 楽 譜         3名
3 会 計         3名
4 事務局         1名
5 監 査    2名
第10条(役員・リーダー・係の選出、決定)
選出、決定については、団員の推薦、立候補による。なお、団員の了承を必要と
する。
第11条(役員・リーダー・係の任期)
任期に関しては、団員の話し合いのもと適宜決定とし、任期は定めないものとする。
第12条(年度)当楽団の活動、会計年度は、4月1日から翌年3月31日までと
する。
第13条(会議、ミーティング)
当楽団では、適宜必要に応じて会議、ミーティングを行うものとする。

第14条(運営費)
<1> 当楽団は、団費、演奏会収入、その他の収入によって運営される。
<2> 支出については以下のとおりとする。
1. 会場費
2. 物品の購入  等
<3> 当楽団の運営費は会計が管理する。
<4> 会計年度ごとに監査を行う。
<5> 会計に関する書類の保存期間は3年とする。
第15条(活動)
当楽団の主たる活動は次に掲げるものとする。
<1> 月3回の合同練習。ただし、状況に応じ複数回行うことができる。
<2> 年1回程度の当楽団主催の演奏会。
<3> 演奏会要請による訪問演奏
第16条(総会)

総会は、毎年1回開催するものとし、議決事項は、概ね次のとおりとする。なお、議決
に関しては、団員の過半数をもって成立するものとする。
<1> 活動報告および決算の報告
<2> 新年度の活動計画
<3> その他役員会で必要と認めたこと
第17条(団員の心得)
<1> 当楽団の団員は、第2条に掲げる目的達成のため、また円滑な運営を図るため
、相互に協力し合うとともに、役員、リーダー、係を補助する。
<2> 練習の出欠に関しては、パートリーダー等に事前に連絡する。
<3> 団の運営費として団費等を納める。
付則 この規約は平成30年11月1日から施行する。
付則 この規約は令和 元年5月11日(一部改正)から施行する。

 

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-21-2250

PAGETOP
Copyright © 絃洋会楽器店 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.